前へ
次へ

結婚をすると成年扱いになります

結婚という行為は男性の場合は満18歳以上女性の場合は満16歳以上ということが決まっているわけですが、別に国によってこれは違うことになりますのでその年齢こそが重要というわけではないので勘違いしないようにしておきましょう。
そして、ここがやや面倒なことになるのですが権利行為というのは基本的に未成年では行えないことがほとんどになります。
つまりは、契約行為などが未成年ということになりますと保護者の許可を得て行わなければならないというのが大前提になります。
もちろん、コンビニで日用品とかを買うとかそういうことであれば関係はないのですが例えば大きなローンを組んだりということは未成年ではできないということになっています。
正確にいうと一方的に契約が破棄できるということでもあります。
しかし、結婚をするということになりますと実は成年扱いということになります。
様々な契約行為を単独で行うことができるようになります。
これはあまり知られていないことです。

Page Top